小森純サンジャポでぺニオク謝罪も西川史子とテリー伊藤厳しく断罪

小森純が2月3日放送のTBS「サンデージャポン」で
ぺニーオークションをブログで宣伝したことを初めて涙ながらに謝罪、
しかし、西川史子とテリー伊藤が厳しく断罪してましたね。
結局、小森純が甘く考えていたからなんですけど。

小森純

 

今更なんですけどね、本当に認識が甘かった。
小森純がブログにぺニーオークションの宣伝記事を書いたことを
準レギュラーだった「サンデージャポン」で
初めて正式に謝罪しました。事件が発覚してから2ヶ月たってからです。
小森純がサンデージャポンの出演は12月15日以来です。

小森純はブログに落札もしていないのに
「オークションでアロマ加湿器を225円で落札した」と書いて、
謝礼30万円もらっています。
これはステルスマーケティングですよね。
「私はオークションでこんなに徳をしたよ」とブログ読者に思わせるわけです。
ブログ読者は「小森純がいってるんだから間違いない」とオークションサイトいきます。
そしてぺニーオークションのサイトに行って、詐欺の被害に合うわけです。

ぺニーオークションは運営側が商品の入札金額を操作して、
入札手数料をだまし取る詐欺サイトでした。
落札金額が安くても、入札金額を小刻みに吊り上げ競争心を煽り、
入札を繰り返すように仕向けるんですね。
入札1回に50円取るとして、小刻みに10回入札すると500円になります。
100円で商品を落札してもプラス500円払っていることになります。
1円スタートのオークションで、
1円刻み、5円刻みに入札したら10回はあっという間です。

小森純は自分のブログ読者にぺニーオークションの被害者がいたかもしれない、
すぐ、謝罪しなければいけないって思わなかったんですね。
逆に、時間が経てば世間も忘れると思っていたんでしょうね。
でも、詐欺に加担していたんです。この認識がなかった。
まずいものをオイシイと紹介するのとは訳が違います。

小森純はぺニーオークション詐欺が明るみになってから、
マスコミの取材をキャンセルして、謝罪しようとはしていませんでした。
12月末にはブログを閉鎖、1月末にはtwitterのアカウントも削除しています。
逃げ回っていた印象しかないですね。

今回、「サンデージャポン」に出たのも、
唯一の小森純のレギュラー番組、
日本テレビの「ヒルナンデス!」の降板が報道されたからなんでしょうけど、
考えが甘すぎですね。

サンデージャポンでは、西川史子とテリー伊藤が、小森純を厳しく断罪しています。

西川史子

西川史子はサンジャポ準レギュラーだった小森純に、
「テレビでの謝罪、ブログを閉鎖でみそぎが済んだと思うのは大きな間違い。
テレビに出る神経が私には理解できないし自粛すべきだと思う。
罪を軽く考えているんじゃないか。詐欺の片棒を担ぐのは心根の問題。
私は小森純と話するのもイヤだし、顔も見たくない」
聞いていて、ここまで言う西川史子を見直しましたね。

テリー伊藤

テリー伊藤は、
「事件から随分時間がたっているのに、
事務所も含めて年明けでほとぼりが覚めるのを待っていた」
「小森も、ほしのも熊田も誰も会見していない。
マイナスもあるが、ちゃんと会見するべき。」と、
ぺニーオークションに加担したタレントの考えの甘さに苦言を呈しています。

逃げまわり、後手に回っていた小森純、今回の「サンデージャポン」も
みそぎにはならず、ますます悪いイメージが付いた気がしますね。



コメントを残す