宇治原史規、Qさまで飛鳥鍋答えられず、Wiki!MENSAとは?

2月11日のテレビ朝日の「Qさま」で、
関西チームの最後の問題を宇治原史規が答えられませんでした。
奈良で食べられている鍋の写真を見て何の鍋かを当てるクイズでしたが、
「飛鳥鍋」と答えはでませんでした。

飛鳥鍋

 

飛鳥鍋画像

飛鳥鍋は、飛鳥時代に唐からきた坊さんが寒さしのぎに
やぎの乳を使ったのが最初らしいですね。
現在の飛鳥鍋はやぎの乳の代わりに牛乳を使ってるそうです。

中身は鶏ガラスープに白味噌に牛乳でスープをつくり、
具は鶏肉に、普通の鍋に使うような
大根、もやし、白ねぎ、しいたけ、ゴボウ、白菜、人参、水菜、糸コン、豆腐。
お好みで溶き卵につけたり、一味唐辛子、生姜を加えます。

Twitterを見たら、「奈良の人間でも分からない」、
「小さい頃飛鳥鍋とクリームチャウダーの区別がつかなかった」、
「思い出した、給食で食べた」とかのツイートがありました。
食べるのが奈良県全域でもなく、いつも食べている鍋でもないようです。
牛乳好きの人には良いかもしれませんね。お試しを。

「Qさま」で、宇治原史規が関西チームの最後でミスったんですけど、
奈良の人でも分からないんだったら大阪出身の宇治原史規が
分からなくてもしょうがないですね。

宇治原史規

でも、宇治原史規もいまや芸能界の若きクイズ王ですね。
若いっても36ですけど(笑)

気になったんで、宇治原史規のWikiで調べてみました。
本名 宇治原史規
大阪府四條畷市出身、1976年4月20生まれの36歳
身長177センチ、体重62キロ、血液型はB型
高校は大阪教育大附属高等学校天王寺校舎、
京大模試で全国2位、
大学は京都大学法学部に現役で合格。
大学時代に大阪府立大学生の管広文とロザンを結成。
大学時代からお笑いをしていたことも災いして、
留年、休学を繰り返し9年かかって2004年京大を卒業しています。
卒業は宇治原史規が27歳のときですね。

パナソニック電工元副社長を務めた父宇治原志郎は
テレビで宇治原が、ふんどし姿を見て激怒してお笑いに大反対。
が、宇治原が大学を9年かけて卒業したんで
その熱意を認めてお笑いを許可したそうです。
親にしてみればあの京大行ってお笑い芸人ってがっかりですよね。

でも、その頃からテレビのクイズ番組に出て優勝するようになって、
クイズ王と呼ばれることになったんですから、京大も無駄じゃなかった?
ってことなんでしょうか。

宇治原史規は、その他もJAPAN MENSAの会員になっています。
MENSAというのは、簡単に言えば、
知能指数の高い事が入会資格の交流団体です。
キッカケは関西テレビの「マルコポロリ!」の企画だったんですが、
宇治原史規の知能指数IQは158以上だったんです。

一般的に天才はIQ140以上ですから、、、、、
あの頭の良さは努力の秀才ではなく天才だったんですね。



コメントを残す