隕石、2月15日ロシアに落下!火球の動画あり!小惑星接近は?

2月15日、日本時間で12時20分ころ、ロシアに隕石が落下しました。
死者はいないようですが、500名以上の負傷者がいます。
動画があったんで載せておきます。
2月16日に最接近する小惑星「2012DA14」は大丈夫?

隕石落下20130215

隕石が落下したのは、ウラル地方チェリャビンスク州の市街地から120キロ離れた湖です。
ただ、隕石の破片は複数市街地等にも落下しています。
その時の隕石落下動画がYouTubeにありました。

YouTube Preview Image
火球が落下した瞬間の動画です。車の中から撮影しています。
落下した瞬間の閃光が凄いですね。

 

隕石は落下してからの名称で、落下する前は火球っていうんですね。
過去にはシベリアでは1908年に巨大隕石が落下して、
1200平方キロの森林をなぎ倒しています。
今回の隕石は大きさは1メートルないという日本の専門家の話でした。
しかし、これは市街地の隕石の破片での被害を見ての見解なんですね。
時間が経つにしたがって被害が拡大していてロシアの専門家は
湖に落下した隕石の大きさは数十メートル、重量も数十トンいうことです。
これがもし市街地に落下したら悲惨な事になってましたね。

明日2月16日の未明に小惑星「2012DA14」が地球に大接近しますが、
今回の隕石とは関係ないようです。
小惑星「2012DA14」はNASAで軌道が確認されていて
地球と衝突することはないようですね。
「2012DA14」は地球から地球の直径の2倍の距離を通ります。
地球の直径が1万3千キロで
「2012DA14」は地球から2万7千キロのところを通過します。
でもこんなに小惑星が地球に接近するのは観測史上初なんですね。

しかし、小惑星「2012DA14」は直径45メートル、重さが13万トンです。
これがもし衝突したらと思うと空恐ろしいですね。



コメントを残す