仁科亜季子が旦那と別居から離婚!理由は?息子克基は?娘仁美は?

仁科亜季子、旦那との別居が報じられていましたが、実際には離婚していたんですね。
再婚したのは2011年1月でした。
松方弘樹との離婚から13年後、仁科亜季子57歳の時です。
旦那は一般人だったんですけど、何が理由だったんでしょうね。
仁科亜季子

1月に仁科亜季子(59歳)が週刊女性で別居と報じられたていました。
仁科亜季子が大手広告代理店勤務の今の旦那(59歳)と出会ったのは2010年でした。そして2011年1月には再婚を発表していました。
それが、2013年1月には別居していたことになります。
実質結婚生活は2年間でした。
このときの報道では離婚を前提としての別居ということでしたね。

3月17日、イベントで仁科亜季子は別居について聞かれ、
「私は常に前に進んでいます。
60年も生きていればいろいろあります」と答えていました。
これは、もう離婚をして前に進んでいるということだったんですね。

翌日の3月18日、仁科亜季子が実際には離婚していたのが分かります。
3月19日発売の週刊女性の記事で「仁科亜季子、2月に離婚していた」という情報が流れたんですね。
仁科亜季子の所属事務所も事実と認め、離婚は2月中で、
財産分与とかのトラブルは無いと言っています。
離婚の理由は、
旦那が仕事で忙しく、スレ違いの生活が続いたからということです。
普通のサラリーマンと、芸能人の仁科亜季子の生活パターンが違ったんでしょうね。
どちらかが合わせない限り、解消する問題じゃありません。
仁科亜季子が家庭に入れば、離婚することもなかったんでしょうね。

しかし、仁科家は結婚に向いていないんでしょうか。
仁科亜季子自身が2回目の離婚だし、
息子仁科克基(30歳)は女優多岐川裕美の娘、多岐川華子(24歳)と2011年1月に結婚、
2012年7月には別居、10月に正式に離婚しています。
仁科克基多岐川華子

大物芸能人の2世同士の結婚って話題になっていたんですけどね。
仁科克基多岐川華子結婚
おぼっちゃま、おじょうちゃま同時の結婚、ままごとでしか無かったんでしょうね。
嫌になったから即離婚ってパターンでした。

そして娘の仁科仁美(28歳)もおじょうちゃま。
仁科亜季子とACの子宮がん検診のCM出演していましたね。
YouTube Preview Image

でも、仁科仁美も甘やかされて育ったせいか、自由奔放。
仁科仁美
なんと中学1年で家出して彼氏のいる福岡まで。
その彼氏は中学2年で、金髪オールバックのヤンキー兄ちゃん。
仁科仁美も金髪だったというから驚きです。

その時通っていた中学校は芦屋学園中学校、兵庫県芦屋市にあるんですけど、自宅の京都からタクシーチケットで通っていたんですね。
どんだけ甘やかされているんでしょうね。

大人になってから仁科仁美が付き合う男はダメ男ばっかり。
仁科仁美は好きになると、なんでもしてあげたくなるそうで、
そうすると男はますますダメ男に。
ダメ男に惚れてしまう仁科仁美もまた結婚に向きそうもありませんね。



コメントを残す