ジェネリック家電って?ノーブランド?安い?性能は?シェアは?

ジェネリック家電って言葉があるんですね。
最近、ジェネリック医薬品が一般的になりつつありますが、
ジェネリック家電というのはどういったものなんでしょうか?
なぜ、ジェネリック家電がクローズアップされているんでしょうね。
ジェネリック家電

ジェネリック、英語ではgenericと書きますが、
意味は「一般的な」、「ノーブランドの、無印の」です。

日本でジェネリックというと、後発医薬品という意味が浸透していますね。
ジェネリック医薬品=後発医薬品、
特許が切れた薬を、別の薬品会社が同じ成分で作るんですね。
開発費が掛かっていない分、安くできます。

では、ジェネリック家電はというと、
別に特許が切れた製品を作るというのではなく、
英語の意味そのまま、「ノーブランドの、無印の」です。

昔から、ノーブランドの家電はありました。
でもイメージが良くなかったですよね。
安かろう、悪かろう、粗悪品というイメージがありましたね。
ですから、街の電気屋さんには置いていませんでした。
置いているのはホームセンターとかディスカウントショップ。

家電量販店が台頭してきても、やはり中心はブランド家電。
ブランド家電を安く売ることで、家電量販店はシェアの伸ばしてきましたからね。

それが、バブル崩壊後から徐々に状況が変わってきます。
そもそも、日本の一流家電メーカーは、製品の高機能を追求してきました。
当然、開発費がかかり、製品単価も決して安くなりません。
特にデジタル家電はどんどん高機能になり、付加機能が多いものになります。

デジタル家電

それが原因で日本の家電メーカーは凋落していくんですけどね。

一方、韓国の家電メーカーや日本のノーブランド家電メーカーは、シンプルに消費者目線に立った製品を中心に徐々に売上を伸ばします。

要は消費者はそこまで高機能は求めていなかったってことです。
分厚い使用説明書は読む気もしませんからね。
結局多くの人が使っているのはシンプルな基本機能だけです。

 

ここに来てあえてノーブランド家電をジェネリック家電と言うようになったのは、昔と違って基本的性能が一流メーカーと同等になってきて、価格も安くなってきたからです。

試行錯誤は当然あるでしょうけど、開発費を欠けなくても、基本性能が充実した製品が出来るようになり、開発費が掛かっていない分製品が安くなります。

例えば扇風機なんで、風を送るだけですからね。
なにも、開発費・設備投資・宣伝費をかけた一流メーカーの製品を買わなくてもジェネリック家電で十分です。
性能が同じで、価格が安いんだったら安い方が売れるのが当たり前です。
デザインもジェネリック家電のほうがオシャレなのがあったりしますからね。
扇風機のシェアは一流メーカー製が2割、ジェネリック家電が8割くらいになっているそうです。

白物家電に関しては、まだまだメーカー製が強いでしょうけど、それも時間の問題かもしれません。

白物家電

 

戦略を誤った日本の家電メーカーは数千億の赤字を出しています。
組織が大きくなりすぎて、消費者の多様化に対応するスピードが遅くなって、ニーズを読み間違えたんですね。

要は消費者は安くて、性能が良ければジェネリック家電を選ぶ時代になったということです。



コメントを残す