小雪、韓国の産後調理院から夜逃げ・未払いで告訴!第二子出産後?

韓国で、1月10日に松山ケンイチとの第二子、女の子を生んだばかりの小雪に、
韓国調理院からの夜逃げと未払いで告訴される騒動が持ち上がっています。
えーっ、生んだばかりなのに夜逃げって???

小雪

そもそも、小雪が韓国で出産しようと思ったのは、
2011年放送の日本テレビの「アナザースカイ」で、
韓国産後調理院を取材したのがきっかけだったんですね。

24時間のサポートで、出産期間の2週間から1ヶ月を、
ホテルのような快適な部屋で出産と産後を過ごすことが出来る。
これにいたく感動して、今回の第二子の出産に韓国の産後調理院を選んだんです。

小雪が、選んだ産後調理院は、ソウルの江南でした。
料金は2週間で58万円です。高いのか安いのか?
1月7日に入院した小雪は、
なんと夜の0時に入院したばかりの産後調理院を夜逃げ、
夜逃げというからには、
その産後調理院の誰にも告げずに出て行ったんですね。
それも、料金も払わずに。

そして、小雪は実際に出産した産後調理院にそのまま入院。
1月10日に第二子の女の子を出産をしています。
この産後調理院は、最初に小雪が入院した産後調理院とはライバル関係。
韓国では、この業界は過当競争にあるみたいなんですね。
小雪が韓国に出産で訪れていることは韓国のマスコミでも取り上げています。
宣伝になるということで、小雪の争奪を考えたんでしょう。

頭にきたの江南の産後調理院です。
小雪は誰にも告げずに夜逃げして、料金を踏み倒したんです。
院長はすぐに小雪を警察に告訴しています。
小雪が夜逃げする映像が監視カメラに残っていたんですね。
2人の女性が小雪の夜逃げを手伝っていて、
その女性達も、住居侵入罪で訴えられました。

告訴されたことで、小雪は江南の産後調理院の料金を支払い、
15日には訴えが取り下げられました。
きちんとしていれば、こんな騒動にはならなかったはずです。

今回の騒動、
小雪にしてみれば、江南の産後調理院のサービスに不満があって
転院したのかもしれませんが、社会人としての常識がたりませんでしたね。
最低でも、退院を告知して料金を払うべきでした。

小雪のマスコミ報道で話題になった韓国の産後調理院、
ツアーを組む動きも有るみたいですけど、
現地でのサポートがしっかりしないと
言葉が通じない国でも出産はかえってトラブルの元かもしれませんね。



コメントを残す