西倉瑞博の美容整体協会に景品表示法違反!詐欺?小顔矯正の効果は?

過去、テレビに何回も取り上げらてた西倉瑞博の小顔矯正に効果無しと、消費者庁から景品表示法違反の優良誤認で、一般社団法人「美容整体協会」に再発防止を求める措置命令が出されました。
これは詐欺だったということなんでしょうか?
美容整体協会は、「小顔矯正」を「西倉式整顔矯正」と名称を変更して施術を続けています。

西倉瑞博
西倉瑞博

今回、美容整体協会が消費者庁から指摘されたのは、小顔矯正です。

美容整体協会のホームページで、
小顔矯正は即効性があり、効果に持続性もあると謳っています。
施術内容は、頭蓋骨の縫合線と呼ばれる骨の継ぎ目を整体によって詰めて小顔にするというものです。

しかし、消費者庁では頭蓋骨の縫合線は整体では動かないとし、
「整体で、頭蓋骨の矯正を行い顔が小さくなる」との広告には根拠が無いと指摘しています。
そして美容整体協会は小顔をになる根拠を示せたなったということです。

 

小顔矯正の根拠が示せないということは、小顔にはなっていないと言うことですよね。
いままで、西倉瑞博の小顔矯正を取り上げたテレビ番組は数多くあります。

2~3センチ位に小顔になったという内容の番組が放映されています。
内容をよくみてみると、顔の測り方がやっぱり怪しかったですね。

松村アナ施術前

施術前目盛
施術前の目盛は16.5センチを指しています。

松村アナ施術後

これが小顔矯正の施術後の画像ですが、13.8センチ。
2.7センチ小顔になったことになっていますが、計測している部分も施術前と違って随分内側に入っています。

それに計測器が直角になっていないから正確に測れていません。
計測器が台形型に下に広がっています。
目盛部分は13.8センチでも計測器が下に広がっているのは実際は小顔にはなっていないということですね。

美容整体協会が根拠を示せなかったというのは、こんなイカサマをしていたからなんでしょうね。
正しく計測して小顔を証明できれば、十分小顔矯正の根拠になり得るはずです。

 

美容整体協会は、小顔矯正の名称を「西倉式整顔矯正」と名前を変えて施術を継続しています。
今回の消費者庁の指摘で「小顔矯正」の名称が使えなくなったからなんですが、効果の立証をできなかったものを続けるなんてしていいことなんでしょうか。

小顔矯正の施術は頭蓋骨、頬骨、エラ、面長の4ヶ所で、料金は1ヶ所で21万円。
4ヶ所全部すれば84万円です。

美容整体協会では、小顔矯正で年間2億3000万円の売上があり、施術も1年待ちと言われています。
不確かな効果を拡散させたメディアにも責任はありますね。

 

そもそも整体は国家資格でもなんでもありません。
国家資格でいえば、医師でもなければあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師でもなく、立場的にはグレーの存在です。
整体の学校とかもありますが、各団体が独自に認定証や修了証を出しているだけです。
実績さえあればそういった民間の資格も必要ないのが整体です。

美容整体協会の会長、西倉瑞博は独学で20年掛けて試行錯誤しながら西倉式美容整体を確立したと言っています。

整体の全てを否定するわけではありません。
実際に施術を受けて効果があればその人にとっては有効な訳です。

しかし、西倉瑞博の小顔矯正に限って言えば高額の施術費を取って効果のない施術をするのは詐欺です。
でも、現時点では詐欺とは言われていません。
それはなぜか?

訴える人がいないからですね。
だれも訴えなければ詐欺にはなりません。
これが契機になって訴えられれば詐欺罪の適用になるんでしょうね。

 

でも消費者庁が、景品表示法でしか取り締まらないのもおかしな話です。
効果が無いと言っているのに広告の文言さえ変えれば同じ事を続けられるって何のための消費者庁なんでしょう。

日本の縦割り行政の悪い部分ですね。
消費者の事を第一に考えるのであれば、即刻施術をやめさせるべきで警察にも告発するべきです。

西倉瑞博の美容整体協会は、効果がない以上即刻西倉式整顔矯正を止めるべきですね。



1件のトラックバック

コメントを残す