鷲尾いさ子の病気はパーキンソン病?症状は?仲村トオルが子供の面倒を!

仲村トオルの妻、鷲尾いさ子の病気が心配されっています。
原因不明で難病に指定されている病気とのことですね。
仲村トオルは、鷲尾いさ子を支え、子供たちの面倒をみているということです。
イクメンといわれる仲村トオルには鷲尾いさ子の病気という問題があったんですね。

鷲尾いさ子

鷲尾いさ子が難病を患っていることが報道されています。
病気についての内容です。

・神経の細胞に変性がある。
・原因不明で突発でいつ症状がでるか分からない
・介護、支えてあげれば普通に生活できる
・中年、50~60代の高齢者に多い
・完治の難しい病気
・治療は薬が中心、手術治療もある

その症状は
・筋肉が硬くなる
・歩行しにくくなる
・体のバランスが悪くなる
・進行がすすむと会話が困難になる

以上の当てはまる病気というとパーキンソン病ではないでしょうか。
パーキンソン病は口10万人に100名の患者がいると言われています。
1000人に1人に発症ということですね。
日本では、特定疾患として難病に指定されています。

 

鷲尾いさ子が仲村トオルと結婚したのは1995年でした。

仲村トオル

1992年に仲村トオルの主演ドラマ「俺たちルーキーコップ」で共演したのがきっかけでした。
1999年に長女を、2004年には次女を出産、このころから家事と育児に専念しています。
子供たちは今年で14歳と9歳になるんですね。

鷲尾いさ子は2004年以降、花王「メリット」のCMで夫婦共演しているくらいで芸能活動はしていません。
2008年でこのCMが終わりましたが、それ以降は公の場にはでていませんね。
難病、パーキンソン病が発症したのは2008年頃なのでしょうか。

 

2008年、仲村トオルは「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」を受賞しています。
この時、子育てだけでなく、掃除、洗濯、食器洗いが大好きとコメントしています。
仲村トオルが、仕事が終わったらまっすぐ自宅に帰るのも有名な話です。

家事全般をこなす仲村トオル、イクメンという一面もあるんでしょうけど、鷲尾いさ子の病気のためということもあったんですね。

仕事以外の時間は、難病の鷲尾いさ子のフォローと子供たちの世話をしてる仲村トオルは本当のベストファーザーですね。



コメントを残す