鬼龍院翔、印税で強迫性障害再発?インディーズで収入と年収は?

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔が、3億円の印税が入ってきてノイローゼ気味だそうです。
なぜノイローゼになりそうかっていうと、鬼龍院翔は以前強迫性障害を患っていて、悩みやすいんですね。
鬼龍院翔の強迫性障害と、気になる印税、収入、年収について調べてみました。

鬼龍院翔

鬼龍院翔に入った印税が3億円。
これは半年単位くらいでまとめてはいってきますから、即年収というわけではありませんね。
鬼龍院翔は作詞作曲していますから、ゴールデンボンバーの歌唱印税以外の印税は全部懐に入ってきます。

鬼龍院翔1

メジャーだったらCDが売れる、カラオケで歌われる、ネット配信でダウンロードたびに数円チャリンチャリンと収入になる訳ですが、ゴールデンボンバーはインディーズです。

 

メジャーの場合とインディーズの場合の収入を比べてみましょう。
ゴールデンボンバーがメジャー7社からの誘いを断った訳がわかります。

4曲入りのCDが税抜きで1,000円で、1万枚売れたとします。
4人組のバンドで作詞作曲は鬼龍院翔です。

 

ゴールデンボンバーがメジャー・レーベルだったら

CDショップのマージン
30%とします。
1000円✕30%=300円

 

CDのパッケージ代
10%とします。
1000円✕10%=100円
プレス代、容器代、ジャケ写印刷代を含みます。

 

原盤印税
10%とします。
1000円✕10%=100円
レコード会社に入る金額です。
これはレコーディング代、スタジオ代を含みます。

 

歌唱印税
契約によりますが、1~3%。実績で変わります。
新人ということで1%とします。
1,000円×10,000枚×1%=100,000円
これを4人で分けると25,000円ですね。

 

著作権使用料
これがちょっと複雑です。
日本音楽著作権協会(JASRAC)に定価の6%、60円を払います。
60円のうち日本著作権協会が管理手数料を6~30%とります。
6%で計算すると、
60円✕6%=3.6円の手数料、これを引いた金額が印税となります。
60円-3.6円=56.4円

 

印税の分配
メジャーの場合、著作権は音楽出版社に譲渡されます。
そのかわりに著作権のマネジメント管理をするんですね。
レコード会社、プロダクション、放送局が兼業していたりします。

契約によりますが、音楽出版社が50%、作曲者25%、作詞者25%。

音楽出版社収入
56.4円✕10,000枚✕50%=282,000円

作曲印税 / 1曲当たり
56.4円✕10,000枚✕25% / 4曲=35,250円

作詞者印税 / 1曲当たり
56.4円✕10,000枚✕25% / 4曲=35,250円

今回の場合、鬼龍院翔が全曲作詞作曲していますから
56.4円✕10,000枚✕50%=282,000円が印税となります。

レコード会社の収入
経費 / 1枚当たり
CDショップマージン 300円
パッケージ代 100円
原盤印税 100円
歌唱印税 10円
著作権使用料 60円
計 570円

収入
(1,000円-570円)✕10,000枚=4,300,000円
レコード会社はここから宣伝費、管理費、営業費などがかかります。

 

鬼龍院翔には作詞作曲の印税と歌唱印税が収入となります。
282,000円+25,000円=307,000円

その他メンバーには
歌唱印税、25,000円が収入になります。

本当は、所属事務所があればそこから30%前後のマージンを引かれます。

これはあくまでもゴールデンボンバーがメジャーの場合です。
CDだけを考えたら最低でも10万枚単位で売れないと大金は入ってこないということです。

 

ゴールデンボンバーがインディーズ・レーベルだったら
じゃなくインディーズなんですけどw
インディーズ・レーベルZany Zapに所属していますね。

CDショップ、インディーズ専門販社のマージン
30%とします。
1000円✕30%=300円

 

インディーズ・レーベルの制作費
20%とします。
1000円✕20%=200円
レコーディング代、パッケージ代を含みます。

 

歌唱印税・印税
残りの500円を分配するだけです。

500円✕10,000枚=5,000,000円

仮に50%を歌唱印税とします。
残りの50%を作詞作曲の印税とします。

歌唱印税
5,000,000円✕50%=2,500,000円
1人当たり
2,500,000円 / 4人=625,000円がメンバーの収入です。

印税
5,000,000円✕50%=2,500,000円

鬼龍院翔には作詞作曲の印税と歌唱印税が収入となります。
2,500,000円+625,000円=3,125,000円

分配率は予想ですけど、こんなとこだと思います。
インディーズにするとメンバーの収入は20倍、
鬼龍院翔の収入は10倍になりますね。

実際にはカラオケ、ネット配信、放送配信分を管理してもらうために日本著作権協会に著作権使用料を払っているでしょうけど、わずか3.6円です。

CDが売れなくなった今、メジャーデビューはステイタスではなくなった感があります。
実力があるんだったインディーズデビューが正解ですね。

 

鬼龍院翔の印税、シングルCD1万枚で300万円、アルバム、DVD、カラオケ、ネット配信を含めたら今のゴールデンボンバーだったら半年で3億円も納得ですね。
単純にシングル100万枚売れたら3億円です。

4月24日発売のザ・パスト・マスターズ vol.1もオリコン1位でしたね。
ザ・パスト・マスターズ vol.1(初回限定盤A)

 

しかし、その3億円で戸惑っているのが鬼龍院翔です。
ゴールデンボンバーは売れるまで、ファンからもらったふりかけで食いつないでいるとか、ライブのセットをダンボールで作っていたとか貧乏伝説には事欠きません。

鬼龍院翔、3億円入ったことで今までのようにいれるか悩んでします。

 

鬼龍院翔は、自伝「ゴールデンボンバーのボーカルだけどなんか質問ある?」の中で過去に強迫性障害だったことを告白しています。

ゴールデンボンバーのボーカルだけどなんか質問ある?

この強迫性障害は、強迫観念と脅迫行為からなります。

強迫観念とは、不安感や不快感を無意識に感じてしまうことです。
強迫行為とは、その不安感や不快感を打ち消すための行為です。

例えば、家の鍵やガスの元栓を閉めたか不安になるのが強迫観念。
何度も戻って確認するのが脅迫行為です。

手の汚れがきになり何度も手を洗う。
家具や椅子が少しでもずれると気になって直してしまう。

不安になって、過剰にその事を意識して直そうとするのが強迫性障害です。

 

自分が億単位のお金が入って変わってしまい、作詞作曲出来ないかも知れないと鬼龍院翔は悩んでいます。
一度考えると止まらなくなるのが強迫性障害なんですね。

自伝で告白したということは、強迫性障害を克服したということだと思います。
再発しないよう、考えすぎないようにしなきゃいけませんね。

ふざけているようで真面目なのが鬼龍院翔のいいとこでもあるんですけどね。

 

では、最後に鬼龍院翔の年収は幾らになるか。
今年で言えば年収、6~7億円は当たり前に入るでしょうね。
半年で入った印税が3億ですから1年では倍の6億です。

その他に、コンサート、グッズ販売、CM出演での収入もバカになりませんからね。

虎舞竜の高橋ジョージは「ロード」で印税が20億円でした。
今のゴールデンボンバーの勢いだったら、鬼龍院翔の収入はそれを越えるかもしれませんね。



コメントを残す