テディベアベアくまモンはシュタイフ社製造の限定品!購入は通販?

くまモンのテディベアが話題になっていますね。
5月10日、熊本県庁で試作品の発表がありました。
製造元はドイツのシュタイフ社。輸入販売元はリヤドロジャパン。
限定品のテディベアくまモンのスペック、特徴、購入方法について調べてみました。

くまモンティディベア

今や、全国的な人気者になったテディベアくまモンが、1,500体限定で発売されます。
限定品ということで競争が激しくなりそうですね。

5月10日、熊本県庁で輸入販売元のリヤドロジャパンが発表しました。

くまモンティディベア2

テディベアくまモンのスペックです。

製造元 ドイツシュタイフ社
ドイツのシュタイフ社は、1902年に世界初のテディベアを製造。
1903年から発売を開始しています。

ドイツではあまり売れなかったんですが、アメリカのルーズベルト大統領にプレゼントされたことから世界的な人気になります。

製造は全て職人による手作りで、同じものは一体もないのでも有名です。

 

全長 28センチ
材質 上質なモヘア素材
可動 頭部、手足

特徴 耳のタグに通し番号

シュタイフ社の限定品に付くタグは白地に赤文字です。
このタグは「ボタン・イン・イヤー」と呼ばれシュタイフ社の商標になっています。

シュタイフ限定品タグ

くまモンのテディベアの場合、このタグに通し番号がつくんですね。

値段 29,400円

購入方法 公式サイトで12日午前0時から予約受付。

一部都内の百貨店でも発売されるということです。

 

公式サイトは、シュタイフ社にもありますが、リヤドロジャパンのHPですね。

でも、まだお知らせも注文ページもありませんでした。

5月12日の午前0時にならないと出てこないかもしれませんね。

 

くまモンの今の人気からすると公式サイトの予約は当日で 埋まるかもしれませんね。
テディベアの収集家とくまモンのファン、両方から注文がはいります。
予約を逃したら都内の百貨店に片っ端から問い合わせするしかなさそうですね。

ヤフオクにも出るかもしれませんが、そうすると価格が幾らになるか分かりません。

くまモンのテディベアを確実に手に入れるんだったら、予約開始を狙うしかなさそうですね。



コメントを残す