ふなっしーにギャラ?女性セブンが非公認の理由!中の人は銭ゲバ?

千葉県船橋市のゆるキャラふなっしー、全国的に認知度も上がってきてCMにも出演して注目されています。
でも非公認なんですね。
船橋市側の非公認の理由を女性セブンが記事にしています。
ふなっしーの中の人がネットで銭ゲバって言われているのもあるんでしょうか。

ふなっしー

ふなっしーを語る前に、「ゆるキャラ」の定義について書いてみます。

「ゆるキャラ」は、漫画家みうらじゅんの造語です。
そして、「ゆるキャラ」という言葉で扶桑社とみうらじゅんによって商標登録されています。
これを聞くと、「ゆるキャラ」で一儲けしようとしている?と思っちゃいますね。

これは第三者が「ゆるキャラ」で商標登録するのを防ぐためなんですね。
自由に使えるようにするための商標登録です。

みうらじゅんは「ゆるキャラ」を定義した「ゆるキャラ三か条」を制定しています。

  1. 郷土愛に満ち溢れた強いメッセージ性があること。
  2. 立ち居振る舞いが不安定かつユニークであること。
  3. 愛すべき、ゆるさ、を持ち合わせていること。

ついでに原則として、
・着ぐるみである。
・地方の村おこし・地域振興のためのキャラクター
というのもあります。

ふなっしーは「ゆるキャラ」としての条件は満たしていますね。
では、なぜ船橋市をふなっしーを非公認なのか。

 

ふなっしーの誕生は2011年11月。
船橋市在住のデザイナーが船橋市を活性化させたいとふなっしーをデザインしています。
でも、作成時間はパソコンで30分w

ふなっしーのWikiです。
誕生 2011年11月。
出身 千葉県船橋市
職業 梨の妖精
性別 非公表
身長 90センチのはずですが、150センチはありそうです。
体重 35キロ
特徴 機敏な動きと奇声、語尾に「なっしー」をつける。

ふなっしーの動画です。

YouTube Preview Image
ふなっしーは、過去何度か公認してくれるよう船橋市に掛け合っていますが、船橋市は公認する気はないんです。

その理由を女性セブンは、船橋市に問い合わせしています。
それによると、

・公認キャラクターを作るときは市民の声を聞き公募する。
・ふなっしーは個人でつくったものであとから公認はできない。
・市民からふなっしーを公認してほしいという声があれば検討する。
・実際に「公認してほしい」という声もあるが、「絶対公認しないでほしい」という声もある。

という回答でした。

ふなっしーは梨がテーマなんですが、船橋市は千葉県内の梨の生産量は第4位。
ふなっしーのコンセプトが船橋市の象徴とは言い切れないとういのもあるみたいですね。

あとは、ふなっしーの言動です。
船橋市にしてみると、ふなっしーの言動が下品でイメージが悪いという印象を持っているようです。それを公認するということは、市がその言動を認めるということになります。

ようは、ふなっしーは船橋市の公認には合わないっていう判断なんですね。

 

それに、ふなっしー自身の立ち位置の問題もありますね。
郷土愛によるゆるキャラなのか、ビジネスなのか。

始めた当初は交通費やイベント出演は自費だったんです。
個人だから当たり前なんですが、人気が出てきて今はテレビの取材にギャラを要求しているそうですね。

その額、5万円+交通費。

5万円といったらふなっしーの中の人のギャラとしたら十分な金額です。
必要経費という見方もありますが、他のゆるキャラは取材費は請求しているんでしょうか。

やっぱりアサヒ16茶のCMに出てギャラを貰ったからでしょうか。
ギャラを貰うのが当然になった?

YouTube Preview Image

十六茶のイベントなんかにも出ています。

YouTube Preview Image

 

あと、前々からふなっしーのグッズは高額と言われています。

梨仲間の証し!金運のふなっし~ 3800円
金運のふなっし~

ふなっしートートバック 2400円
ふなっしートートバック

歌うふなっしーTシャツ 3900円
歌うふなっしーTシャツ

確かに単価だけをみると高いですね。

ただ、グッズの収益から東日本地震の募金をするとHPに書いてあります。
が、それにしても高いです。
「スッキリ」で加藤浩次からも「高い」って突っ込まれていましたね。

 

取材費をとったり、グッズが高額だから銭ゲバっていわれるんでしょうけど、そこまでいうのは可哀想なきがします。

でも、最初は郷土愛のゆるキャラだったのが、ビジネスにシフトしているのも事実です。

まあ、ふなっしーの中の人の生活もあるし、非公認ゆるキャラとしてはしょうがないのかもしれませんね。



コメントを残す