カンニング竹山、相方中島に給料の美談はデマとTwitterで否定!

ネットに、カンニング竹山が相方の家に給料を送るために、「カンニング」を名乗っているとの美談が流れています。
それに対してカンニング竹山がTwitterでその美談はデマを完全否定。
普通に考えれば相方が亡くなっているんだからコンビの給料なんて発生するわけないんですけど、ネットに流れると信じちゃうんですね。

カンニング竹山

カンニング竹山がTwitterで、デマが恐ろしいほど広がるとツイートしています。

カンニング竹山ツイート①
カンニング竹山ツイート1

そして、美談の画像とともに、添付の画像はデマと否定。
脱税で捕まるから迷惑、やめてくださいとツイートしています。

カンニング竹山ツイート②

カンニング竹山ツイート2

カンニング竹山が未だにカンニングを名乗っている理由。

相方がなくなって結構経つのにコンビ名のまま活動しているのは、相方の家に給料を送るため。

コンビを解散しなければ相方の給料の半分が入るシステムになっているから。

#竹山さんがカッコ良く見れたらRT

もっともらしい美談ですね。

カンニング竹山の相方、中島忠幸は、2004年4月に結婚、長男が2004年9月に生まれています。

カンニング中島

そして中島忠幸が白血病で入院したのが2004年の冬でした。
2006年12月20日、約2年の闘病生活の末に中島忠幸は亡くなりました。

この期間だったらカンニング竹山が給料を半分中島忠幸に送っていたのは事実かもしれませんね。

ピンでエンタの神様にでていた頃はカンニング竹山に強いコンビ愛を感じました。
小学校、中学校の同級生で、カンニング竹山が中島忠幸をお笑いに誘い、、一緒に苦労したのもたのもあったんでしょうね。

 

この美談、Twitterでフォロワーを増やすために作んたんでしょうけど、上手くできています。今のカンニング竹山はキレ芸よりも、ザキヤマにいじられる良い人って感じですからね。

「コンビを解散しなければ相方の給料の半分が入るシステムになっているから。」

でもよく考えると、死んだ人間に給料の半分が入るはずもなく、だったらカンニング竹山が贈与する形になってしまいます。

だから「こんなやり方をしたら脱税で俺は捕まります」とカンニング竹山が言うんですね。

でも、
「何がどうなってるかは話す必要がないので今後も一切話さず!あしからず」

と言っているところを見ると、無くなった中島忠幸の家族になんらかの援助はしているように感じます。

テレもあるんでしょうし、中島忠幸の家族を思いやっての今回のデマ否定なんでしょうね。

やっぱりカンニング竹山、根は良い人でしたというお話でした。



コメントを残す