関本雅一が急死、残された妻元フジアナウンサー寺田理恵子に残る借金

関本雅一(53歳)が2012年12月に急死と報道されています。
関本雅一って誰って方も多いと思います。
元フジテレビアナウンサー寺田理恵子の夫なんですね。
その妻、寺田理恵子に残る借金とは、、

寺田理恵子

関本雅一が亡くたったのは、去年の12月の中旬です。
自宅で大動脈瘤破裂で倒れ、数日後に息を引き取ったと言います。
葬儀は、ごく身近な親族で行われたそうです。

関本雅一はフジテレビアナウンサーの夫として知られていますが、
名門の出なんですね。
1959年にNEC元会長の関本忠弘の長男として生まれています。
母は成城大学名誉教授の関本まや子。

1986年に国際基督教大学を卒業し、電通に入社しました。
2000年に寺田理恵子と結婚しています。
しかし、この年に広告費を3億円水増し請求し、
電通を懲戒解雇されています。

その後、IT関係の会社を設立して社長になるんですが、
うまく行かず、また会社を設立を繰り返して行きました。
当然会社はうまくいっていないわけですがら、借金が膨らみます。

世田谷の自宅を担保に入れて資金繰りしますが、
一向に好転せず、2004年には金融会社から訴えられています。
このときは、自宅の差し押さえを避けるために
自宅の所有権を関本雅一から寺田理恵子に移したこのとでの裁判で、
2人は敗訴、和解で金融会社に500万払っています。

2007年には関係のあった派遣会社から5600万円を着服したとして
業務上横領で逮捕されています。不起訴になっていますが、
グレーだったことには変わりありませんね。

会社を立ち上げては潰す。
名門のプライドだったんでしょうかね。
そして、経営者としての能力が無かった。
そしてまた会社を立ち上げる。
借金が増えるのは当たり前ですね。

亡くなるときは、韓国芸能事務所の日本支社長をいていたと言います。
しかし、魚釣島問題で韓国のタレントの仕事は激減したでしょうし、
あまり収入は無かったんではないでしょうか。

まだ、かなりの借金が残っているみたいですけど、
自宅を担保にしていれば、払えなければ当然手放さなければなりません。
また、寺田理恵子が保証人になっているのであれば、
取り立てられることになります。

今回、関本雅一が亡くなったのを公にしていなかったのは、
関本雅一の借金の取りてを少しでも遅らせるためだったのかもしれません。

専業主婦をしていた寺田理恵子にはまだまだ苦難が続きそうです。

 



コメントを残す