ヤマダ電機が、価格.comに情報提供!ネット通販でも最安値?

ヤマダ電機がインターネット通販で、価格.comに価格の情報提供を始めました。
ネット通販でも、最安値を目指すということです。
消費者としてはありがたい話ですが、本当に最安値はだせるんでしょうか?

ヤマダ電機

去年デスクトップパソコンをヤマダ電機に見に行った時に、
目星を付けていたNECの3Dが見れるパソコンの値段を見たら、
12万円以上したんですね。

店員さんに10万円を切る価格.comの最安値を言ったら、
その金額は出せませんって言われました。
価格差は2万円以上でした。

地方都市で競合店もないので、張り合う必要も無かったんでしょうね。
これが、都会の家電激戦区だったらまだ違うんでしょうけど。

結局その時はネット通販でそのパソコンを買いました。
同じ製品で2万円は大きかったですからね。

 

そんなヤマダ電機が、ネット通販で最安値を目指すべく、
価格.comに価格の情報提供を始めています。

そして、他社より高い場合は価格を下げた値付けをするとのこと。
1日、何回か価格を見直し、他社より常に最安値を更新するらしいです。

しかし、あくまでもこれはメーカーの正規ルートで仕入れている、
amazonや大手カメラチェーンの値段に対抗したもので、
最安値でも正規ルートでの仕入れではない、中小のネット販売店に張り合うつもりは無いようです。

ちょっと残念ですね。
天下のヤマダ電機、やるんだったら徹底的に最安値にこだわって欲しいとこです。

最安値といっても、支払い手数料や、送料の問題も出てきます。
最安値と思ったら、送料を入れると最安値にならなかったりすることも結構あります。
送料もamazonは原則無料ですから、ヤマダ電機もそれに対応してくれるといいんですけどね。

あと、ヤマダ電機のポイントもどうなるんでしょうね。
最安値を出して、ポイントっていうのはきついでしょうから、
結局ケースバイケースになっちゃうんでしょうか。

 

地方には今度のネット価格制度はいい話です。

ヤマダ電機では、ネット最安値に合わせて、
店舗の主力商品に携帯で読み取れる2次元バーコードを付けて、
ネット他社との比較を出来るようにするらしいです。

これは、今まで競争が無かった地方の店舗でも地方価格ではなく、ネット価格の最安値で買えるということになれば、大きなメリットです。

あとは、店舗での商品の受け取りや、大型家電の設置といった店舗型サービスも使えるんだったら消費者の利便性も上がります。

 

ヤマダ電機のネット価格が、全国一律ということであればこのネット価格制度、大歓迎ですね。

果たしてヤマダ電機のネット販売でのシェア拡大は成るんでしょうか。



コメントを残す