ミニストップで高校生が冷凍ケースにネタ画像をTwitterに投稿

先日、ローソンのフランチャイズ従業員が店のアイスクリームの冷凍ケースに寝た画像をフェスブックに投稿して、このフランチャイズが閉店に追い込まれたばかりですが、
こんどは、客がミニストップのアイスクリームの冷凍ケースで寝た画像をTwitterに投稿して、
ミニストップがお詫びをだしています。

ミニストップ 冷凍ケース

7月23日の夜にこの画像は撮られたそうですけど、
7月23日の夜から7月25日まで、アイスクリームを買った人には返金を受付るそうで、
アイスクリームの冷凍ケースも取り替えたそうです。

今回は、損害が出ているということで、ミニストップは警察に相談しているそうです。
被害届を出せば威力業務妨害になるんでしょうか。

Twitterのアカウントはもう削除されていますが、
ネットではその客と画像を撮った友人が特定されていて、
名前がTwitterで連呼されています。

その客と友人は、なんと高校生。
学校名もしっかり分かられています。

ローソンの場合は、店の従業員だったために、フランチャイズ店が閉店になりました。
今回はそれを模倣したんでしょうけど、
問題が大きくなるって分からなかったんですかね。
店が1軒潰れているわけです。

Twitterはバカ発見器と言われていますが、
一度ネットに流れたものは消えないし、
魚拓やキャッシュからTwitterのアカウントを削除しても特定されるって分からなかったんでしょうか。

まして、画像に顔がばっちり写っています。
早々、2ちゃんねるで晒されているし、
ネットニュースでもモザイクは入っていますが、画像も流れています。

そして、Twitterのアカウントにアップしていたプライベート画像も当然のように流れています。

最初は、2ちゃんねるの炎上を「オタクがキモイ」とツイートしていましたが、
ことが大きくなったのがさすがに分かったんでしょうね。

25日にはTwitterのアカウントを削除しています。
でも、時すでに遅しですね。

このアイスの冷凍ケースに入った客のと画像を撮った2人の高校生、
親から怒られ、学校も停学かな。
ミニストップからは損害賠償を請求されるんでしょうね。

自業自得ですね。



コメントを残す