富士山の入山料徴収試行開始に賛否両論!安い?高い?

世界遺産に認定された富士山の入山料の徴収の試行が始まりましたね。

気になるその金額は1000円。
それも、記念の缶バッジ付き。

富士山入山料

テレビでは富士山の入山料の適正は7000~8000円と言われていましたが、
試しということで1000円。
それも、あくまでも任意ということです。

これにはいろいろな反応があったみたいですね。

いままでタダだった富士山ですが、
いきなりの入山料徴収に、素通りする人に、「高い」という人。

「1万円でも払う」という人に、「強制でも払う」という人。

受け止め方は人それぞれです。
しかし、世界遺産となった今、
環境保全や維持費にお金はかかりますから、
徴収は当然だと思います。

それに、払うのがいやだったら富士山に登らなかったらいいだけです。
ただ、任意はよくないですよね。

公平性に欠けます。
入山料をとるんだったら、強制が当たり前です。
その辺をあやふやにするのが1番良くないですよね。
世界遺産になったことでの登山客が増加すれば、
当然ゴミやトイレの問題が出てきます。
それに道路や登山道の環境整備や、受け入れ体制の整備も必要です。
世界遺産を維持するためには監視体制も必要になってきますね。

これは無料ではやっていけませんからね。

それに、富士登山はピクニックというわけにはいきません。
富士山に登るのは、それなりの装備と
体調管理が必要になります。

登山者にもそれを周知、教育しなきゃいけないし、
登山者にもその自覚は必要です。
世界遺産の富士山にはそれなりの対価を払わないと登れないという、
意識付けはあって当たり前です。

そうでなければ、軽んじる人間がルールを守らなくなります。

あとは遭難対策、医療救助なども必要になってきます。
これらもタダじゃ出来ませんからね。

もろもろ考えれば、やっぱり7000円から8000円が妥当なような気がします。

そのかわり、その分、登山道や山小屋の整備、トイレ等の充実、
登山者に対しての教育、
もしもの時の救難体制や、医療体制を確立して、
安全に富士山に登れるようにして欲しいところですね。



コメントを残す