植村花菜が結婚をブログで発表、清水勇博Wiki、画像は?経歴は?

トイレの神様で一躍有名になった植村花菜ですが、
1月29日に自身のブログで結婚を発表しました。
幸せいっぱいの大ノロケって感じです。
相手は清水勇博(しみずたけひろ)30歳。ミュージシャンです。
どんな人物なんでしょうね、清水勇博Wikiです。

植村花菜ブログ

植村花菜、2010年に「トイレの神様」のヒットで、一躍脚光を浴びました。
その年の紅白にも出場し、
7分50秒の紅白バージョンで歌ったことでも話題になりましたね。

そして、キングコング西野亮廣と交際も大々的に報じられました。
しかし、2012年に西野亮廣から「結婚をリアルに考えられない」と言われ破局。

傷心の植村花菜は、2012年春にアメリカに武者修行?に行きます。
そして最後に訪れたニューヨークで運命の出会いをしたんですね。

清水勇博

その彼が、ドラマーの清水勇博なんですね。
当時、清水勇博はニューヨークに住んでいて、
付き合いがはじまっても遠距離恋愛だったんです。

その頃の事を植村花菜が、
「なんてゆーか、特別な人やと、時間とか距離とか、全然関係なくなるもんなんやね。」
なんて語ってます。
それだけ2人の付き合いが充実していたということですね。

「普段は、私も負けてしまうほどのハッピーオーラ満載で、穏やかーなおもろーい人」
「めっちゃカッコエエねんでー!!!」
ベタぼれですね。

そんな清水勇博のWiki、経歴です。
清水勇博は1983年生まれ、植村花菜とは同い年。
兵庫県出身、これも植村花菜と同じですね。
同県人が、アメリカで出会うっていうのも運命なんですかね。

中学校のときに、授業でドラム叩いて、
それがきっかけでジャズのビッグバンド部に。
中学校でビッグバンド部なんてあるんですね。
それから高校、大学とジャズドラムを中心に活動していました。

そして、大学卒業前後にプロとしていろいろなグループでドラムを叩きます。
2005年、横浜プロムナードコンペティションでは西山瞳trioでグランプリ、
個人では洗足学園大学賞を受賞。
結構ドラマーとしての評価が高いんですね。

そして現在は関西をで中心に活動しています。
所属するユニットは「」(インディゴ ジャム ユニット)で、
これがちょっとメンバーの組み合わせが面白いんですね。
樽栄嘉哉がピアノでクラシック
笹井克彦がウッドベースでファンク
和佐野功がドラマと打楽器でラテン
そして清水勇博がドラムでジャズと
それぞれのルーツが違うんです。
2005年に結成して年に1枚アルバムを出しています。

INDEPENDENT

その他にも清水勇博は、
西山瞳trio parallax、木畑晴哉trio、そして自分の清水勇博trioなどで活動しています。

ブログで最後に植村花菜は、
「そんなわけで、突然のご報告でお騒がせしましたが、
結婚しても、もちろん変わらず音楽活動は続けていくし、
むしろ、今まで以上にどっぷり音楽にのめり込んで、
ますます頑張らせていただきますので、
これからも変わらず応援よろしくお願いしまー す♪」
と結婚の報告を〆ています。

ホント、突然の報告ですが、ブログからは幸せオーラが溢れてました(笑)。



コメントを残す