維新の東国原英夫に大阪市長選浮上、橋下徹が参院選に

higasikokubaruhideo東国原英夫衆議院議員、
大阪市長橋下徹が夏の参院選出馬したあとの
大阪市長選に出馬する話が出ています。

 

 

去年の暮の衆議院選、近畿地区の比例1位で衆議院議員になったばかりの
東国原英夫ですが、大阪市長選に打って出るって話がでています。

なんで当選したばっかりじゃんってみなさん思いますよね。
これには裏があるんですね。

去年の衆議院選で悔しい思いをしたのは、大阪市長の橋下徹です。
本当は自ら衆議院選に出て日本維新の会を牽引していきたかったはずです。
しかし、大阪市長になったのは2011年の11月。
わざわざ大阪府知事の任期を余しての大阪市長選出馬で、
対立候補の元大阪市長の平松邦夫にも楽勝というわけには行きませんでした。
もし、橋下徹が衆院選に出たら平松邦夫に勝てる候補がいないし、
一年で大阪市長を辞めたら大阪での維新人気を失ってしまう。

石原慎太郎の太陽の党との合流もうまくいきませんでしたね。
合流したために、選挙公約も曲げていくしか無かった。
船頭が2人いたらうまくいきませんよね。
結果、維新の追い風を逆風に変えてしまった感があります。

夏の参院選には橋下徹自ら出馬して衆院選の失敗を挽回したいはずです。
ここで出てくるのが、東国原英夫です。
本来なら橋下徹は、自ら打ち上げた大阪都構想を推進するのに
大阪市長を辞めるわけにはいかない。
大阪市民の目も厳しい。
だから衆院選にも出なかったわけですが、
平松邦夫に勝てる候補で、自分の大阪都構想を引き継いでくれる人物、
この条件をみたすのが東国原英夫なんですね。

今回橋下徹が衆院選に出なかったことで
橋下徹が国政に出ることに対しての、
大阪市民のハードルも下がったと思います。
夏の参院選の橋下徹の出馬は間違いないでしょう。
逆に、この参院選に出ないと維新の地方議員と国会議員の
バランスが取れなくなる気がします。

そして、橋下徹の国政進出で空席になる大阪市長選に維新からでるのは、
知名度もあり、宮崎県知事として実績のある東国原英夫しかいないでしょう。

それを裏付けるのが、衆議院選に当選後の東国原英夫のコメントです。
「国会議員として、宮崎県知事時代から思っていた地方分権に取り組みたい。
地方にもっと権限を移譲しなければならない」
この発言は大阪市長選を意識してのコメントに聞こえます。

元大阪市長の平松邦夫の人気は根強いものがありますが、
果たして東国原英夫の大阪市長選はいかに。

 



コメントを残す