青山光司、ブログとFRIDAYで上原さくらの週刊文春記事に反論

青山光司(40歳)、上原さくら(35歳)の夫が
1月31発売の週刊文春の上原さくらの記事に
自身のブログと2月1日発売のFRIDAYで反論しています。
どちらが正しいのか、それともどっちもどっちなのか。
長期化しそうですね。

青山光司

 

 

青山光司と上原さくらは2011年4月1日に結婚、
しかし2012年11月には別居しています。

上原さくらは2003年にアパレル会社社長の遠藤憲昭と結婚、
2009年に離婚しています。なので上原さくらは再婚なんですね。

上原さくら

青山光司はKRH株式会社の2代目社長で、
フェラーリの乗り回すイケメン御曹司としてマスコミにも取り上げられています。
過去にCCガールスの森洋子と付き合っていたのも話題になっていました。

 

1月31日に発売された週刊文春は、上原さくらサイドから取材した記事になっています。
その記事には
・上原さくらが2012年11月に飛び降り未遂があった。
・遺書のメールがあった
・青山光司が脱税して、所得隠ししている
・青山一族の金持ち自慢し、上原さくらの友人らを「貧乏臭い」と罵倒
・上原さくら母娘への暴言  「お前らは親子で俺にタカるのか!」

過去にも青山光司は、2011年に名古屋国税局に1億7000万円の脱税を指摘され、
追徴課税で3000万払っています。

 

そして、2月1日のFRIDAYの記事は青山光司の反論を載せています。

青山光司記事

 

その記事の内容は、
・週刊文春の記事の内容を否定
・上原さくらには無制限のクレジットカードを渡している
・上原さくらは前の結婚の時の不倫相手と会っている、他にも不倫している相手が2人いる
・「不倫相手と会わないのならあなた(青山光司)とも別れる」と上原さくらにいわれる
・上原さくらの母親に不倫の事を言うと「細かいことは言わないで」といわれる
・上原さくらが激高して「死ねばいい」「呪い殺してやる」と発言
・青山光司の秘書に青山光司を「本気で殺してやりたい」と発言
・「葉山のマンションと1億で別れる」と秘書に言う
・それを確認する青山光司に「殺すぞお前、ホントに。1億じゃ10年しか生きられない」と発言
・最終的には慰謝料5億を要求

この他にも、青山光司は自身のブログでFRIDAYの取材に応じた理由を説明しています。

青山光司ブログ

週刊文春の記事が虚偽情報が多く、自分や会社関係者の名誉を守るため
FRIDAYの取材を受けたと、ブログに書かれています。
そして、FRIDAYの記事は全て証拠に基づく真実であること、
公の場で争うと続けています。

言った言わないの水掛け論になるんでしょうけど、
結局は裁判までいかないと解決しそうにありませんね。
この離婚協議はまだまだ続きそうです。



コメントを残す