マクドナルドの60秒キャンペーンにクレームと従業員の悲鳴

マクドナルドは始めた60秒キャンペーン、
Twitterではクレームや、従業員の必死さがツイートされています。
ためしにTwitterで「マクドナルド 60」で検索してみてください。

マクドナルド60秒キャンペーン

 

マクドナルドが1月4日から始めたのが、
商品を60秒で提供できなかったらハンバーグ無料券がもらえるというものです。
期間は1月4日から1月31日までで、
時間は11時から14時まで。
60秒は砂時計で計測します。
会計終了から60秒で商品を提供できなかったら、
クォーターパウンダーチーズ、ダブルクォーターパウンダーチーズ除く
ハンバーガー無料券、
60秒で提供できてもコーヒーの無料券がもらえると、
ユーザーにとっては損の無いキャンペーンなんです。

しかし、マクドナルドの従業員にとっては重圧ですよね。
従業員からは「やめてくれ~」「無理だ~」の声が上がっています。
まして、キャンペーンをしているのがお昼の時間帯。
だから従業員は60秒で商品を提供するのに必死です。
そうすると、必然的にサービスが低下しますよね。

Twitterには、中の具がはみでた写真や
ぐちゃぐちゃに商品がつめ込まれた袋の写真がアップされています。
引きつったスマイルの従業員
目がつり上がった従業員、
ぐったりして目が死んでる従業員などなど。

ユーザーにしたらそんな従業員見たくないんですけどね。
中には60秒チャレンジするかしないかは客に選ばせて欲しいという声もあります。
サービスの低下にお金は払いたくないですよね。
といいつつ、明日行ってみようかな。

 



コメントを残す